着物で京都観光をする気をつけたいこと

和傘をさしている女性

京都に旅行に行くと、男女問わず着物で歩いている人を見かけます。京都の風情のある街並みを着物を着て歩くのは憧れのシチュエーションの一つではないかと思います。着物を持っていなくても現地で手軽に体験できるレンタル着物はおススメです。思っているよりも安価で、おしゃれな着物をすぐに着ることがあります。レンタル店も街中にたくさんあり、もちろん自分で着れなくてもお店で着つけてくれるから安心。
ですが、実際に着物で観光に出かける前にちょっとした落とし穴があることを知っておいてください。着物が似合う街、京都ですが、実は場所によっては不慣れな着物ではとても歩きにくい場所もあるのです。例えば祇園にほど近い河原町などは繁華街で、観光客意外に地元の方もたくさんいます。普段はなんてことのない人ごみの歩く早さも着物だと大変です。また、観光スポットの定番祇園花見小路は、まさにドラマのような街並みで写真撮影にも最適ですが、実はすごく車通りが多いです。道路整備の警備員も居ますので、場合によっては急かされることもありえます。そしてバス。京都は観光地があちこちにありますからバス移動をする可能性もあります。ですが京都のバスは観光客にあまり優しくありません。着物で立っていたお客さんが旧ブレーキで倒れかけた方を見かけた事があります。
せっかく着物姿で観光するなら優雅に歩きたいですよね。以上の事を気にしつつ着物観光を楽しみましょう。

最新の記事